• 現在のお知らせはありません。

2023年01月30日(月)本日の番組表

UXニュースNEWS

2023.01.25【最強寒波・新潟】県内全地点で氷点下…豪雨被災地の水道も凍結 25日のドキュメント

【最強寒波・新潟】県内全地点で氷点下…豪雨被災地の水道も凍結 25日のドキュメント
平野部でも暴風雪
今季最強の寒波の影響で、25日の新潟県内は全観測地点で最高気温が氷点下になるなど、激しい寒さに見舞われました。
家々の軒下につららが下がり、凍てつく朝を迎えた午前9時の妙高市。市民は「ゆうべも水を出しっぱなしにした」「戸が凍って開かなかった。いままでそんなことはなかったのに」と寒さをこらえて家の前の雪を片付けていました。同じ頃、最も積雪が多くなった魚沼市守門では除雪車がフル稼働。2mに迫る雪が集落を覆っています。自家用車が雪に埋もれてしまった市民は「午前0時頃に雪を払おうと思ったが、まあいいかと思って。こんなになってびっくり」と途方に暮れた様子でした。
強風を伴う雪は都市部の通勤時間帯も直撃しました。午前8時の新潟市中央区。信濃川にかかる萬代橋を歩いて通勤する人たちに容赦なく風と雪が吹き付けます。一瞬で街並みがホワイトアウトするほどの猛烈な吹雪です。UXの小池れいあアナウンサーはマイナス2.6℃を示した気温計を手に「粉雪を伴った風が顔に吹き付けて非常に痛いです」とリポートしました。上越新幹線はJR燕三条駅で午後3時頃に線路を切り替える装置が動かなくなり、一時運転見合わせに。最大59分の遅れが出ました。
午前10時。村上市の仮設住宅に住む松本佐一さんは水道の蛇口を開け「全然だめですよ。出ませんね。凍っている」と声を上げました。仮設住宅には去年8月の記録的大雨で被害を受けた小岩内地区の住民33世帯が居住。けさ、ほぼ半数の世帯で水道管が凍結しました。窓の外は暴風雪で、気温はマイナス7℃。松本さんは「水道もみんな防護しているんだけど…やはり寒さが普通じゃないんですよ」とあきらめ顔です。仮設住宅の除雪作業は当番制で、きょう担当した高野金一さんは「朝5時に起きて、大したことないと思って来たんですよ。降雪はあまりないですけど、吹き溜まりですよね…」と言いながら、除雪機で住宅周辺に溜まった雪を片付けていきます。集会場のカギも凍って開かなくなったため、スチームであたためて解錠しました。一方、小岩内地区でトマトのハウス栽培を手掛ける農業法人「MIRAIこいわうち」の高野貞昭さんは午前11時半にハウスの状況を確認。飛ばされてはいなかったものの、安全が確認できないため当面の作業中止を決めました。しばらくは悪天候で農作業が滞りそうです。
先月末の大雪では、県内国道の複数区間で車の立ち往生が発生。これを受けて国土交通省やNEXCO東日本などは積雪が予想される区間で早めに通行止めを行い、集中除雪を行っています。24日には上越市から長野県にかけての上信越道と国道18号を同時に通行止めにして除雪を進めました。25日午後にも小千谷市の国道17号の通行を30分ほど止めて集中除雪を実施しました。25日午後時点で、新潟県内で大規模な立ち往生は発生していません。
ページのトップへ