• 現在のお知らせはありません。

2024年03月03日(日)本日の番組表

UXニュースNEWS

2024.02.08【気象予報士が解説】ほころび始めた春告げる「梅」暖冬で思わぬ影響が!? 9日は厳しい寒さになりそう【新潟】

【気象予報士が解説】ほころび始めた春告げる「梅」暖冬で思わぬ影響が!? 9日は厳しい寒さになりそう【新潟】
暖冬は梅の開花にどう影響した?
【気象予報士が解説】
8日の県内はどんよりした一日でしたが、春の訪れを告げる「あの花」が咲き始めています。
訪れたのは新潟市中央区の蒲原神社。
梅をこよなく愛したことで有名な学問の神様・菅原道真が祀られていて、境内には69種類130本の梅の木が植えられています。

ここでクイズ。この冬、暖冬であったことが梅の開花にも影響しました。その影響とは?
①例年より開花が早まった
②例年より開花が遅れた




正解は…「②例年より開花が遅れた」です。

じつは例年より1カ月ほど遅れたといいます。
梅の花芽は秋に休眠に入り、冬の寒さで目が覚めて、その後開花します。これを「休眠打破」といって、花芽が開くにはある程度の厳しい寒さが必要になります。
しかし、今年の冬は暖かかったため、休眠打破がうまくいかず、開花が遅れたのではないか、と見られています。
今は順調に開花が進んで、たくさんの花がほころんでいます。見頃は 3月上旬頃まで続きます。

8日も冬らしいドンヨリした一日でしたが、9日は貴重な晴れ間となりそうです。
9日午前9時の予想天気図を見ると、日本海に中心を持つ高気圧に緩やかに覆われる見込みです。このため雲が広がりやすいものの、午後は日の差す所もあるでしょう。ただ、上空にはまだ冷たい空気が残っていますので、気温はあまり上がらない見込みです。

9日の予想最高気温を見てみると、上越市は5℃と真冬並みの寒さとなりそうです。その他も6℃前後までしか上がらず、日差しが出たとしても、寒さに軍配が上がるでしょう。
油断せずに、2月9日もしっかり防寒をしてお出かけ下さい。
ページのトップへ