• 現在のお知らせはありません。

2024年02月22日(木)本日の番組表

UXニュースNEWS

2024.01.22【気象予報士が解説】今季最強寒波か ピークは24日か 23日日中のうちに備えを【新潟】

【気象予報士が解説】今季最強寒波か ピークは24日か 23日日中のうちに備えを【新潟】
今季最強寒波か
【気象予報士が解説】
県内は23日から寒気が入り、ピークは24日の見込みです。この日の朝には、稀に見る強烈な寒気が県内付近まで下りてくるでしょう。そして、この寒気は25日頃まで居座る見通し。寒気の影響を受ける期間・寒気の強さともに、今シーズン最強の寒波と言えそうです。

23日の天気の天気の移り変わりを見ると、朝は雪が降るのは標高の高い所が中心で、平野部は所々で雨が降るでしょう。その後、平地は午前中は雨やみぞれの所が多くなりますが、午後は各地次第に雪に変わっていくでしょう。
そして夜は上越・中越を中心に、雪の降り方が強まり、一気に積雪が増えそうです。
23日朝にかけての予想降雪量は、上中下越の山沿いで15cm、上越市や長岡市・新発田市周辺など平地では5cmの雪の降る所があるでしょう。

23日朝から夕方にかけては、上中下越の山沿いで30cm、平地では5~10cmの雪が予想されています。
さらに23日夕方以降の予想降雪量は、24日夕方にかけて上越・中越の平地で40~60cm、下越の平地で30~50cm、佐渡で20~40cm、山沿いで70~100cmの予想です。さらに、24日夜から25日夕方にかけても、発達した雪雲がかかり続ける見通しで、平地では40~60cm、山沿いでは70~100cmの雪の降る所があるでしょう。

今回は大雪の警戒期間が長くなります。万が一に備えて、食品を少し多めに買ったり、停電に備えて防寒具を用意するなど、備えは、23日日中のうちに済ませてください。
ページのトップへ