• 現在のお知らせはありません。

2024年03月03日(日)本日の番組表

UXニュースNEWS

2024.02.02【気象予報士が解説】節分・立春 春近づくも居座る寒気 雪が強まるところもありそう【新潟】

【気象予報士が解説】節分・立春 春近づくも居座る寒気 雪が強まるところもありそう【新潟】
節分・立春 春近づくも居座る寒気
【気象予報士が解説】
2日の県内は広く弱い雪が降り、厳しい寒さとなりました。
正午の気温は上越市高田で1.4℃、長岡市で0.6℃、新潟市中央区で2.6℃を観測しました。
そして、3日の県内も雪雲のかかる所がありそうです。天気の移り変わりの予想を見ると、朝からどんよりした天気で、雪がちらつく所もありそうです。その後、日中は曇りの見込みですが、あちらこちらで弱い雪が降るでしょう。ただ、各地とも降り方は弱い見込みで、大雪の心配はなさそうです。
その2月3日は節分です。
恵方巻を食べたり、豆まきをする方もいるかもしれませんが、もともと節分には、季節を分けるという意味があり、ここから冬が分かれて節分の翌日の2月4日は「立春」になります。
つまり、暦の上では季節が春になります。
しかし、天気的には、しばらく冬が続きそうです。
週間予報を見ると、4日から7日にかけて、所々で雪が降るでしょう。特に5日は夕方以降、雪の降り方が強まる所もありそうです。
また、5日は東京都心で雪が降る可能性が高く、しっかり積もる恐れがあります。関東へ移動の予定がある方は、交通の乱れに注意してください。
ページのトップへ