• 現在のお知らせはありません。

2023年01月30日(月)本日の番組表

UXニュースNEWS

2023.01.25【気象予報士が解説】最強寒波いつまで・26日はJPCZ発生か?平地での大雪も警戒を【新潟】

【気象予報士が解説】最強寒波いつまで・26日はJPCZ発生か?平地での大雪も警戒を【新潟】
田中里穂気象予報士が解説
【解説】
大雪は25日夜は、一旦小康状態になる見込みですが26日には再び雪の降り方が強まる所があるとみられています。新潟地方気象台は、26日、中越と下越に大雪警報を発表する可能性があるとしています。さらに、里雪型に変わるため、平地では積もる量が増える可能性があり警戒が必要です。

26日は西日本に高気圧が移動してきて、冬型の気圧配置は緩み、風も弱まる見込みですが、その風がポイントになります。風が弱いと、平地でも雪が積もりやすい、いわゆる里雪型になります。また弱いJPCZのようなものが中越や下越にかかって、大雪になる所もある可能性があります。
26日朝にかけて新潟市など沿岸部も含めて平地は最大15~20cm、山沿いは最大20~25cmの雪が降る見込み。さらに夕方にかけては、中越と下越を中心に雪の降る量が多くなり、新潟市周辺で30cm、長岡市周辺で40cmの雪が予想されています。
平野部・沿岸部に関しては、積もる量は26日が一番多くなる可能性があり一層の注意・警戒が必要です。
ページのトップへ