• 現在のお知らせはありません。

2024年07月14日(日)本日の番組表

UXニュースNEWS

2024.06.20【食物アレルギー】 繰り返される事故 専門家が指摘する問題点は【新潟】

【食物アレルギー】 繰り返される事故 専門家が指摘する問題点は【新潟】
専門家が指摘する問題点
6月12日、上越市の認定こども園がタマゴアレルギーがある園児にタマゴが含まれる洋菓子を提供し、腹痛を訴える事故がありました。どうすれば事故を防げたのか。専門家に話を聞きました。

上越市にあるアレルギー専門の小児科。このクリニックでは、アレルギーが疑われる食品を少量ずつ食べさせて徐々に慣れさせ、アレルギーの症状を軽減させる治療をしています。

■すこやかアレルギークリニック 田中泰樹医師
「プリンとマヨネーズを何度も食べて何ともなければ卒業。」

タマゴアレルギーがある男の子は、約3カ月通院し症状が出にくくなったといいます。

■子どもの母親
「順調で今回もう卒業と言われたのでちょっと練習して、数か月後に自信がついたら保育園に食べさせていいと言える。」

クリニックの田中泰樹院長は、12日にこども園でおきた食物アレルギー事故の子どものかかりつけ医でした。

■すこやかアレルギークリニック 田中泰樹医師
「新たなものを食べるときは含有量の表示を確認してもらわないと困るが、いとも簡単にスルーしてしまってとても残念。」

上越市では、去年9月にも給食を食べた児童が食物アレルギーの症状で救急搬送される事故が起きていました。事故が繰り返される理由について田中医師は、教育現場の職員の知識不足にあると指摘します。

■すこやかアレルギークリニック 田中泰樹医師
「伝えられる重症さや現状があるが研修会が行われていない。これだけ繰り返すのは異常なのでそこが要因の一つなのではないか。」
ページのトップへ