• 現在のお知らせはありません。

2023年01月30日(月)本日の番組表

UXニュースNEWS

2023.01.19【20日の県内の天気】新たな寒波の第1弾は週末・20日夜からとなる見込み 早めの備えを 田中里穂気象予報士が解説【新潟】

【20日の県内の天気】新たな寒波の第1弾は週末・20日夜からとなる見込み 早めの備えを 田中里穂気象予報士が解説【新潟】
24日ごろにかけて寒波に警戒 田中里穂気象予報士が解説
【解説】
20日朝は、日本海の低気圧から延びる寒冷前線が日中に県内を通過するでしょう。この前線が通過した後、20日夜の予想天気図を見てみると縦じま模様の冬型の気圧配置になっています。県内付近に強い寒気が流れこむのは前線通過後の20日夕方以降で、雪の降り出しも夕方以降の所が多くなるとみられています。
20日朝6時は佐渡で雨やミゾレの降る所がありますが、上中下越は晴れる所が多い見込み。その後、天気はゆっくり下り坂で広く崩れるのは夕方からとなり、平地では雨、山沿いでは雪やミゾレが降りそうです。夜になると平地でも雪に変わる所が多くなるでしょう。
次第に風も強まって、特に夕方以降、荒れた天気になる可能性があります。各地で風が強まり、佐渡や上中下越の沿岸部は西風が吹きつけるでしょう。予想される最大瞬間風速は県内全域で30mです。
新潟地方気象台は19日の時点で、20日に下越と佐渡には暴風雪警報を発表する可能性がある、としています 風が強い時は雪雲は山沿いに飛ばされるため、2雪の降り方が強まるのは20日は山沿いが中心になる見込み。ただし、21日になると次第に風が弱まる見込みのため、平地でも雪が降りやすくなり、積雪の増える所がある可能性があります。
さらに週が明けて24日にかけては寒波の第二波が押し寄せる見通し。24~25日頃は、今シーズン最も強い寒気が流れ込み、
大雪をもたらすJPCZが県内にかかる可能性があります。
ページのトップへ