• 現在のお知らせはありません。

2024年05月18日(土)本日の番組表

UXニュースNEWS

2024.04.26トキエア仙台線が就航 仙台まで40分余り 交流人口増に期待【新潟】

トキエア仙台線が就航 仙台まで40分余り 交流人口増に期待【新潟】
トキエア仙台線が就航
ゴールデンウィークを前に新たな空の便の運航が始まりました。新潟空港を拠点とするトキエアの仙台線が4月26日就航し、26年ぶりに新潟と仙台の定期便が復活しました。東北の100万都市までわずか40分余り。交流人口の増加に期待が高まります。

26日朝、トキエアのカウンターには、午前7時35分発の第一便の乗客が集まっていました。
■新潟市から観光へ
「初便だから乗ってみようかなと。便が良くなって時間も短縮しますからね。」
■ビジネスで利用
「事業所が仙台にあるので、4月26日もその打ち合わせで。朝行って夜に帰ってこられるので、仙台ももっと行き来できるので非常にうれしい。」

トキエアの新潟ー仙台線は週5日、1日2往復の運航で、仙台との間を40分から50分で結びます。今年1月の札幌丘珠線に続く2つ目の路線です。
■トキエア 長谷川政樹社長
「2路線目、どんどんお客様に育てていただきたい。ようやくここまで来ました。」

第1便の乗客は60人。搭乗率は8割を超えました。そして、午前7時半すぎ。
■奈良瀬哲也記者
「今トキエアの機体が空に羽ばたきました。」

新潟と仙台を結ぶ定期便は26年ぶりの復活です。
■トキエア 長谷川政樹社長
「なかなか仙台は非常に時間がかかるよね、遠いよね、行くのどうしようか。ただトキエアにのれば一瞬で仙台まで行けます。野球のチームもあります。観光のみならずスポーツの交流、こういったところも後押しできるように貢献したい。」

約40分の空の旅を終え、仙台空港に到着。第一便の乗客は歓迎ムードで迎えられました。そして午前9時半すぎの新潟空港。
■庭山陽平記者
「見えてきました。はっきりと見えてきました。仙台からの第一便、いま新潟空港に到着しました。」

仙台から到着した第一便を放水のアーチで祝福。乗客は、空からの景色も楽しんでいました。
■宮城県民
「蔵王連峰、月山がきれいに見えて、ちょうど胎内のチューリップ畑も空から見えてとてもよかった。お互いの交流ができて期待できると思う。」
■新潟に帰省
「実家が新潟市なので、連休の帰省もかねて乗ってみようかなと。今までは4・5時間かかっていたのが40分くらいで来れて快適でした。」

トキエアは今後、中部や神戸、そして佐渡と首都圏を結ぶ路線の開設を目指します。
ページのトップへ