• 現在のお知らせはありません。

2024年07月20日(土)本日の番組表

UXニュースNEWS

2024.07.02人工心臓の患者を「ドクタージェット」で初搬送 新潟大学病院 新潟から羽田へ【新潟】

人工心臓の患者を「ドクタージェット」で初搬送 新潟大学病院 新潟から羽田へ【新潟】
【資料】新潟大学医歯学総合病院
新潟大学は、人工心臓を装着した患者を新潟空港から羽田空港へ、国内で初めてドクタージェットで搬送することを発表しました。2日に搬送される予定です。

新潟大学によりますと、6月、新潟大学医歯学総合病院に急性心筋梗塞で搬送された成人男性の患者に、体外設置型人工心臓を装着しました。さらに「DT治療」と呼ばれる植込み型人工心臓の手術のため、その治療が可能な関東圏の病院に搬送することになりました。

そこで、JCCN・⽇本重症患者ジェット機搬送ネットワークの協力の元、ドクタージェットでの搬送が計画されました。ドクタージェットは、天候に左右されず迅速に⻑距離の搬送が可能で、患者の負担軽減と機内でも⾼度な集中治療が続けられる利点があるといいます。

男性患者は、2日に新潟空港から羽田空港へ搬送。新大病院の医師も同乗します。
ドクタージェットでの患者の搬送は5例目で、人工心臓を装着した患者は国内初だということです。

新潟大学は、⾼度な医療を提供できる医療機関は⼤都市に集中し、地域格差が問題となる中、ドクタージェットによる迅速・安全に搬送できる体制構築されることで、患者が公平に医療を受けることが可能となり、⾃宅退院や社会復帰につながると考えられるとしています。
ページのトップへ