• 現在のお知らせはありません。

2024年04月21日(日)本日の番組表

UXニュースNEWS

2024.03.27仕入れの回数は・自慢の鮮度は 物流の2024年問題 スーパーの不安【新潟・三条市】

仕入れの回数は・自慢の鮮度は 物流の2024年問題 スーパーの不安【新潟・三条市】
スーパーマルセン(三条市)
運送業者の年間の時間外労働時間が制限され、物流の停滞が心配されるいわゆる「2024年問題」が目前に迫っています。仕入れに係るスーパーは不安を抱えています。

三条市にあるスーパーマルセンでは、すでに商品の納品に影響が出ていると言います。

■マルセン 太田雅悠専務
「一年前くらかいから納品回数の削減が少しずつ発生している。以前は週3回納品があったが週1回になるなど。」

納品回数が減ったことで、売り切れた商品をすぐに補充できません。在庫を多めに抱えなくてはならず、倉庫やバックヤードの管理が難しくなっています。

■マルセン 太田雅悠専務
「青果とか生鮮でも少しずつ納品回数が減る動きが出てきていて消費者に届く間に日がたちすぎる。鮮度が売りなお店を自負しているので今後、お客様にどういう影響が出るのかを一番心配している。」

今のところ売り上げに影響はないと言いますが、今後については、不安もあると言います。

■マルセン 太田雅悠専務
「売り切れた商品をすぐに納品してもらう機会が今後は減っていくので売り上げの上昇を妨げてしまうリスクがあるし、その他に賞味期限ですね、日付が短くなってしまう商品が少しずつ出てくることが予想されるので、そういったことが今までより多くなると利益を圧迫すると思う。」
ページのトップへ