• 現在のお知らせはありません。

2022年11月29日(火)本日の番組表

UXニュースNEWS

2022.11.02佐渡市で子牛の競り 前回より高値で取引 生産者は飼料価格高騰に苦労【新潟】

佐渡市で子牛の競り 前回より高値で取引 生産者は飼料価格高騰に苦労【新潟】
佐渡は子牛の産地
 新潟県佐渡市で2日、秋の「牛市」が開かれました。佐渡市は品質の良い子牛の産地として知られています。この日は1歳未満の子牛130頭と成牛16頭が競りにかけられ、県内外の業者が体型や血統を見ながら価格を競り上げていきました。輸入飼料の価格高騰の影響で全国的に牛の買い控えがみられますが、品質の良さもあって今回は子牛1頭あたり平均61万円台と、前回7月に比べて1万5千円ほど高値となりました。

■JA佐渡 畜産振興課長
「エサの補助金が国から多少なりとも出るので、それを踏まえてある程度の価格までは出してもいいという購買者の考えがあったのでは」

 飼料価格高騰は生産農家にとっても頭が痛い問題です。参加した生産者のひとりは「儲けなんか限りなくゼロに近いような形になると、ちょっとやっぱりね」と漏らしていました。競り落とされた牛たちはそれぞれの産地で2年ほど飼育されたあと、ブランド牛として出荷されます。
ページのトップへ