• 現在のお知らせはありません。

2024年07月20日(土)本日の番組表

UXニュースNEWS

2024.07.10国内最高齢のゴマフアザラシ・ジローが初めてお父さんに!娘がプールデビュー!【新潟・上越市】

国内最高齢のゴマフアザラシ・ジローが初めてお父さんに!娘がプールデビュー!【新潟・上越市】
国内最高齢のアザラシ・ジローの娘がプールデビュー
上越市立水族博物館 うみがたりで、3月に生まれたこどものゴマフアザラシがプールデビューしました。そのお父さんは、国内最高齢という親子2代でアザラシとして有名になったジローです。

10日朝も、開館直後から賑わった「うみがたり」。アザラシのプールで観客を出迎えたのは、親子2代で立つアザラシとして有名になったジローです。10日は、その娘のプールデビューの日です。

誕生は、2024年3月下旬。14歳のお母さん・ナノハとジローの間に生まれた、メスのゴマフアザラシ。実は、ジローは41歳と高齢で既に目が見えません。しかも国内最高齢ですが、初めてお父さんになりました。

いよいよ登場です。
「せーの、5・4・3・2・1、プールデビュー!」
■星野隼人カメラマン
「父・ジローに駆け寄るかたちで、今日からプールデビューです。」

体長1m、体重は29kgと3カ月ですくすく育ちました。でもちょっと怖がっているのか、ときおり水に顔を付けるもののなかなか飛び込みません。
ジローも応援。見守る子どもたちも応援すると…入水!「おーーー!!おめでと~!!」

無事プールデビューしました。
■観客
「今日はデビューの日だったので、1回、生で見たいと思って来た。顔が小さくてすごい可愛いと思った。」
■母子
「母:赤ちゃんどこ可愛い?」「子:おなかが可愛い。」

じつは、好奇心旺盛という子どもアザラシ。水の感覚を確かめるように、父・ジローと泳いでいました。

■うみがたり飼育スタッフ 柴田凪沙さん
「子獣らしい可愛い動きを見れるので、生活していく中での行動の違いを(見て)楽しんでもらいたい。」

この子どもアザラシは今後、名前を募集するということです。
ページのトップへ