• 現在のお知らせはありません。

2022年11月27日(日)本日の番組表

UXニュースNEWS

2022.11.07新発田市女性殺害事件 検察は“死刑”求刑【新潟】

新発田市女性殺害事件 検察は“死刑”求刑【新潟】
喜納尚吾被告に死刑求刑
新発田市で当時20歳の女性が殺害された事件の裁判員裁判が7日結審しました。一貫して無罪を主張する喜納尚吾被告に対して検察側の求刑は死刑でした。

喜納尚吾被告(39)は2014年、当時20歳の女性をわいせつ目的で連れ去り殺害したとして、殺人や強制わいせつ致傷などの罪に問われています。

これまでの公判で「身に覚えがない」として一貫して無罪を主張。13回に及ぶ審理で争われたのは「女性が殺害されたのか」という事件性と「喜納被告が犯人なのか」という犯人性です。

検察側は論告で、女性の死因が溺死もしくは窒息死であることなどに注目し「犯人は確定的殺意を持って殺した」と事件性を強調。また、女性の車に喜納被告と女性のものが混ざったDNA型が残っていたことや、目撃証言などから「当時近くにいたのは被告人1人しかいない」として、喜納被告が犯人であると主張しました。またこれまでに女性4人に乱暴した上、そのうち1人を死なせた罪で無期懲役が確定していることからも、被告の更生が期待できず、今回の事件も極めて悪質かつ卑劣な犯行として死刑を求刑しました。

一方、弁護側は検察側の矛盾点を指摘。女性が自ら小川に転落し、溺死に至った事故の可能性も否定できないなどとして無罪を主張しました。

最後に裁判官から言い残したことはないかと聞かれた喜納被告は「最初の罪状認否でも言った通りこの件にまったく関係していません。分かることは何もありません」と述べました。

裁判員による議論を経て判決は18日に言い渡されます。
ページのトップへ