• 現在のお知らせはありません。

2022年11月28日(月)本日の番組表

UXニュースNEWS

2022.11.11柏崎刈羽原発「タービン配管の穴」サビが原因か 東電が示唆【新潟】

柏崎刈羽原発「タービン配管の穴」サビが原因か 東電が示唆【新潟】
直径約6cmの穴(写真提供:東京電力)
 東京電力柏崎刈羽原発7号機のタービン周辺の配管に穴が空いていた問題で、東電は配管のサビなどが原因である可能性を公表しました。
 東京電力によりますと10月下旬にタービンの主要設備である配管に海水を通したところ、直径6cmほどの穴があり海水が漏れているのが確認されました。この配管には11年ぶりに水を通したということです。穴が開いた原因について、10日の定例会見で東電は、配管のサビと11年ぶりに水を通したことによる水圧である可能性を示唆しました。

■柏崎刈羽原発 菊川浩ユニット所長
「腐食があって配管の肉厚が薄くなり、最終的に動かしたことで圧力の変化があって貫通したと今のところは考えている」

 東京電力は明確な原因は調査中としていて、今後当該箇所を切り取って原因調査を進めるとしています。
ページのトップへ