• 現在のお知らせはありません。

2022年11月28日(月)本日の番組表

UXニュースNEWS

2022.11.24水道局パワハラ訴訟で原告勝訴 新潟市に3500万円の賠償命令【新潟地裁】

水道局パワハラ訴訟で原告勝訴 新潟市に3500万円の賠償命令【新潟地裁】
新潟地裁で原告勝訴
15年前、新潟市水道局の職員だった男性が、上司からのパワハラが原因で自殺したとして遺族が損害賠償を求めていた裁判で、新潟地裁は24日、新潟市に対して約3500万円の損害賠償を命じました。

男性は2007年、新潟市水道局の上司からのパワハラを示唆する遺書を残して命を絶ちました。2011年には地方公務員災害補償基金新潟市支部審査会が「公務災害」と認定。しかし、水道局が謝罪しなかったことから遺族は2015年に約8000万円の損害賠償を求めて提訴しました。

きょうの判決で新潟地裁の島村典男裁判長は「一定の業務を終わらせることができずに、上司から叱責されることなどを恐れて精神的に追い詰められ、自殺を決意したもの」と認定。新潟市に対し、約3500万円の支払いを命じました。
一方、上司の直接的な罵倒がパワハラにあたるという主張については十分な証拠がないと結論づけました。

判決を受けて遺族は「悔しいのは勝訴判決でも夫が帰ってきてくれないことです。水道局は控訴せず判決を真摯に受け止め職場の状況を改善するなど、誠実に対応し欲しいと願っています」とコメントしました。

新潟市は「判決内容を精査のうえ今後の対応を検討したい」としています。
ページのトップへ