• 現在のお知らせはありません。

2024年04月16日(火)本日の番組表

UXニュースNEWS

2024.04.01【新潟駅】生まれ変わるバスターミナル「南北直結」で利便性アップに期待・惜別「スイッチバック」【新潟】

【新潟駅】生まれ変わるバスターミナル「南北直結」で利便性アップに期待・惜別「スイッチバック」【新潟】
新バスターミナル始動(JR新潟駅)
JR新潟駅の新しいバスターミナルが31日に開業しました。通勤・通学の人の流れは変わったのか。初の平日となる1日の朝の様子を取材しました。

新年度初日の通勤客でにぎわう1日朝にバスターミナル。新しい乗り場は高架下に18カ所設置され、改札階と直結しました。併せて駅の南北を行き来する4つの路線が新設。課題だった、南北の分断や停留所の分散による乗り換えの困難は解消されたのでしょうか。

■バス利用者
「前はかなり列が長かった。路線が集中していたというのもあるんでしょうけどそれと比べれば4月1日は列が短くなった。」
「今までどうしても万代口で降りてまた歩いて南口から乗ってというところがありましたので、駅の中を通って、古町の方から直通できるというのが便利になった。」
「駅からはとても速いと思います。」
「掲示板などの場所の案内も分かりまして、すぐ乗り場に来れた。」

利用者からは概ね良い評価が聞かれた一方、こんな声も。

■バス利用者
「新しいバスターミナルもわくわくする感じはあるがさみしさも若干残ってます。前の万代口バスターミナルを通学とかでも使っていたので。」

■新潟交通アナウンス
「65年間新潟駅万代口バスターミナルをを利用していただきありがとうございました!」

30日夜。営業終了を控えた万代口バスターミナルでは、全てのホームにバスが並んで、市民との別れを惜しんでいました。
バスがバックで乗り場に入る、独特なターミナルともお別れとなりました。

■バス利用客
「名残惜しい気持ち。」
「この場所は思い出深いというか、いつも乗ってた場所なのでちょっとさみしい気もする。」

そして、30日午後11時40分。最終バスが出発しました。

■見守った市民
「(バス出発)ありがとー!」

■新潟交通乗合バス部企画調整課 山田快多さん
「市民のみなさん、観光客の皆さんが大切にご利用していただいたからこそ、この状態で保ててこれた。我々としては会社のレガシーと思って大切に使ってこられてよかった。」

1日朝、役割を終えた乗り場は、静かに眠りについていました。

30日朝には新たなバスターミナルの開業式典が開かれました。

■中原市長
「南側にも北側にも人の流れが変わり経済的にも活性化に向けていい影響が出てほしい。」

構想から30年以上を経て実現した新潟駅の高架化。新潟の街をどう変えるのでしょうか。
ページのトップへ