• 現在のお知らせはありません。

2023年01月30日(月)本日の番組表

UXニュースNEWS

2023.01.10相次ぐ除雪中の「転落事故」 命綱とアンカーの設置で安全対策を 法令違反の可能性も【新潟】 

相次ぐ除雪中の「転落事故」 命綱とアンカーの設置で安全対策を 法令違反の可能性も【新潟】 
除雪中の転落事故に注意
積雪が多い地域で毎年、雪下ろし中の転落事故が後を絶ちません。専門家は、命綱を固定する「アンカー」の設置を呼びかけています。

積雪が180cmを超える魚沼市守門。10日も住民が雪かきに追われました。除雪続きで疲れがたまってくるときに気をつけたいのが雪下ろし中の転落事故です。
8日、湯沢町の宿泊施設で屋根の雪下ろしをしていた業者の男性(50)が7m下に転落し、死亡しました。命綱やヘルメットを着用していませんでした。今シーズン県内で除雪作業中に死亡したのは8人。このうち転落事故で2人が亡くなっています。
長岡技術科学大学の上村靖司教授は転落を防ぐには命綱を固定するアンカーを屋根に設置することが欠かせないと指摘します。

■長岡技術科学大学 上村靖司教授
『雪下ろしを業務として請け負った人が安全対策をせずに事故にあってしまった場合、法律違反になる。命綱をつけようと思ったときに、結ぶ場所がないという問題が放置されてきた。これが問題なんです。』

県内ではアンカーを設置する世帯に補助金を交付する自治体があり、2年でおよそ400世帯が利用しました。

■長岡技術科学大学 上村靖司教授
『安全な対策を取れる環境整備。「アンカー」の普及がものすごく大事になる』

県は除雪作業の事故を防ぐ基本的な対策として、こまめに休憩をとりながら2人以上で作業してほしいと呼びかけています。
ページのトップへ