• 現在のお知らせはありません。

2023年01月30日(月)本日の番組表

UXニュースNEWS

2023.01.12高病原性鳥インフルエンザ 上越市の養鶏場で発生の疑い 10万5千羽を飼育 県内3例目か【新潟】 

高病原性鳥インフルエンザ 上越市の養鶏場で発生の疑い 10万5千羽を飼育 県内3例目か【新潟】 
村上市の養鶏場の作業(6日 県提供)
県によりますと12日朝、上越市の養鶏場から「ニワトリの死亡羽数が増えている」との連絡があり、上越家畜保健衛生所が簡易検査を実施したところ、高病原性鳥インフルエンザの陽性が確認されました。
この養鶏場は採卵用のニワトリを約10万5千羽飼育していて、県はタマゴや鶏の移動制限や部外者の立ち入り制限などを指示しています。また、さらに詳しい検査を実施していて、高病原性鳥インフルエンザの感染が疑われる「疑似患畜」と確認されれば殺処分が進められることになります。
確認された場合、去年から今年にかけて県内では阿賀町・村上市に続いて3例目になります。
県は12日午後5時から対策本部会議を開き対応を確認します。

また、村上市の養鶏場で進められている130万羽の殺処分のついて、県は12日正午までに92万羽余りの作業が完了したと発表しました。
鳥インフルエンザの発生が相次ぐ一方で、これまでに人に感染した事例はないとして消費者に冷静な対応を呼びかけています。
ページのトップへ