• 現在のお知らせはありません。

2023年01月30日(月)本日の番組表

UXニュースNEWS

2023.01.16「親子丼」直撃!鳥インフルエンザ 鶏肉と卵の仕入れ値上がり影響続く【新潟】

「親子丼」直撃!鳥インフルエンザ 鶏肉と卵の仕入れ値上がり影響続く【新潟】
仕入れ値の高騰で身近なメニューに影響
高病原性鳥インフルエンザが発生し、村上市の養鶏場で進められているおよそ130万羽の殺処分は、17日朝までに完了する見込みです。しかし卵や鶏肉などの高騰が長引く恐れがあり、飲食店からは悲鳴が上がっています。

村上市と上越市の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザ。上越市では15日午後4時に、対象となっていた10万4000羽の殺処分が完了しました。村上市では16日、正午までに126万羽余りが完了していて17日朝までに全ての殺処分が完了する見込みです。

鳥インフルエンザの影響は私たちの身近な食材に及んでいます。

新潟市中央区にあるこちらの飲食店で人気なのが、親子丼。柔らかい鶏肉とふわとろな卵が絶妙に絡み合います。しかし、親子丼に欠かせない鶏肉と卵の仕入れ値が上がっています。

■しまや 島倉大亮代表
「新型コロナから(仕入れ値が)上がってきたが、鳥インフルエンザが起きてからいきなり高騰した。何十%もみたいな感じ」

新型コロナ前に比べると鶏肉は30パーセント、卵は20パーセントほど値上がりしました。県内で鳥インフルエンザが発生したあと鶏肉などが入らないこともありましたが、現在は解消。価格上昇が負担となっていますがメニューの値上げは難しいといいます。

■しまや 島倉大亮代表
「値上げするわけにはいかないのでなかなか。利益を削っていく。(仕入れ値がこれだけ上がる経験は?)自分が料理をやってきた中では一度も経験ない」

価格高騰の波に追い打ちをかけた鳥インフルエンザ。影響はしばらく続きそうです。
ページのトップへ