• 現在のお知らせはありません。

2024年03月01日(金)本日の番組表

UXニュースNEWS

2024.02.062位じゃだめなんです!新潟・来年の首位奪還へ VS山形 ラーメン支出額対決【新潟】

2位じゃだめなんです!新潟・来年の首位奪還へ VS山形 ラーメン支出額対決【新潟】
【ラーメン支出額対決】新潟VS山形
総務省は去年1年間の家計調査を公表しました。新潟市と山形市が1位を競い合うラーメンの年間支出額も結果が出ました。

その闘いは,去年から始まりました。

■去年の山形市役所 「山形市1位になりました」
■去年・新潟市 中原市長 「正直残念です」

総務省が発表する1世帯当たりのラーメン年間支出額。おととしは、新潟市が日本一に輝きましたが、去年は山形市に軍配。その差は、わずか623円でした。
新潟のラーメン界は、「辛さ」を売りにした新メニューを開発するなど、首位に返り咲くため努力を重ねてきました。

6日朝、支出額の発表を前に、新潟市東区のラーメン店に店主有志が集結。
そして、午前8時半。総務省の発表の結果、新潟市は…「2位」。
闘いを制したのは、今年も山形市。1万7593円で、新潟市との差は2369円。
新潟市も、去年より3000円近く伸ばしましたが、過去最高額を記録した山形市に届きませんでした。

■麺屋 Aishin 笠原義貴さん
「いや~、山形に乗り込んでやろうかと、正直、悔しいところはあるんですけど、2位で盛り上がれるきっかけをもらったと思った。」

連覇を果たした山形では。

■YTS 斉藤佑太アナウンサー
「結果がでました!山形市中華そば消費額1位です!」
■山形市のラーメン店 店主
「率直に嬉しいです、ドキドキしましたけど良い結果が出てよかったんじゃないでしょうか。」
■山形市 佐藤孝弘市長
「新潟市の結果を見ても、新潟市も増えていて互いに切磋琢磨しながら良い効果がでているのかなと思います。」

この結果に新潟市民は。

■新潟市民
「なんで一位になれないんだろう…もちろんおいしいよ山形のラーメンも。でも新潟には負けるでしょ~絶対2位じゃダメでしょ。獲るなら1位でしょ」
「山形ってブランド化が有名。氷を入れたり。そこにしかない特色がある。新潟は醤油があり味噌があり、どこでもあるっちゃある。」

新潟の店主たちは首位奪還を誓います。

■颯々樹 佐々木大樹さん
「僕らだけではなくてお客さんも楽しめるような企画だったりイベントをどんどんやっていきたい。」
■Aishin 笠原義貴さん
「もっと新潟ラーメンを盛り上げて皆様で来年一位奪還して、奪還っていうニュースを新潟県内に速報で流したい。」

来年に向けて新たな企画に挑戦するということです。
ページのトップへ