• 現在のお知らせはありません。

2022年11月29日(火)本日の番組表

UXニュースNEWS

2022.11.013年ぶりの新潟まつり花火大会 花火師たちも大舞台に意気込み

3年ぶりの新潟まつり花火大会 花火師たちも大舞台に意気込み
仕上げの作業が進む
 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた新潟まつりの花火大会がいよいよ3日開催されます。3年ぶりの打ち上げに花火業者も仕上げ作業を急いでいます。
 新潟の中心部の夜空を音楽を添えて華やかに彩る新潟花火。この夏、3年ぶりに開催された新潟まつりでフィナーレを飾る予定でしたが新型コロナウイルス感染拡大の影響で3カ月の延期に。いよいよ3日に開催されます。市民からは「天気が心配ですけれど、楽しみにしている」「やっと見られるようになったというのは感激ではある」という声が聞かれました。市民の期待が高まるなか、花火師たちは仕上げに取り組んでいます。
 例年は4号玉がメインですが、今年は3箇所に分散して打ちあがるため2.5号玉を使用。
大きさが小さい分、球数が多く、この玉入れの作業に汗を流しています。

■新潟煙火工業 金子泰之さん
「この時期、普通の年だとそこまで忙しくないが、この時期に打ちあがるのは新潟祭りではこれまでないので、どうなるか楽しみな部分と緊張して不安な部分とある」

入社3年目、新潟花火を初めて迎える花火師も意気込みます。

■新潟煙火工業 樋山龍星さん
「新潟の顔になれるような花火大会にしていきたい」

新潟花火の伝統を繋いできた新潟煙火工業。6代目の小泉社長も、花火を待ち望む地元の声を聞いていました。
■新潟煙火工業6代目 小泉欽一社長
「新潟の歴史として、ひとつの文化だと思うので、ようやく花火が打ちあがるというところで、気がはやるような感覚、音楽を聞きながら、目と耳で楽しんでもらえたらいい」

新潟花火は3日午後6時半ごろから打ち上げを開始し約1時間弱の予定です。
ページのトップへ