まるどりっ!

【探県サタデー】小千谷市民の熱愛グルメランキング

【探県サタデー】小千谷市民の熱愛グルメランキング

小千谷市民に聞きました!地元熱愛グルメランキング

 

【第5位】ベーカリータキザワ

「タキパン」の愛称で親しまれている創業98年の老舗のパン屋さんです。

名物は、バタークリームがたっぷり入った、サンドパン。

そしてユニークな揚げパン・サラダ揚げ。

中身は、なんとポテトサラダ!

 

【第4位】 棒鱈煮(ぼうだらに)

乾燥したタラ=棒鱈を長時間かけて水で戻し

甘辛いタレでじっくり煮込んだ伝統食・棒鱈煮。

小千谷市内のお祭りの時に食べられているそうです。

 

【第3位】クレープハウス 果実の星野屋

老舗の果物店が作る、約150種類あるクレープがランクイン。

新鮮なフルーツいっぱいのってます。

中越地震で、市民を元気づけようとクレープ店を始めてから16年

今では世代問わず多くの市民に定着しています。

 

【第2位】暁天(きょうてん)のつけ麺

「麺がモチモチしておいしい!コシがある!」との声が多かった、暁天のつけ麵。

手打ちの太麺を使用。並盛でも麺が300グラムあり、ボリューム満点です。

 

【第1位】へぎそば

へぎそばは江戸時代から、ハレの日には欠かせない料理として

小千谷市の食文化として根付いています。

(江戸時代の小千谷の掛け軸。円卓の真ん中にそばが盛られています)

街の人のオススメの声が多かったお店は

創業100年の老舗そば店「わたや」

青森産のふのりを使用したそばは、ツルツルしたのどごし。

小千谷市では、特別な日に家族や友人と

へぎそばの出前を取ってみんなで食べる、という風習があり

今でも江戸時代からの食文化を受け継いでいる町でした。