Team ECO
ゼロカーボンキャンペーン

Team ECO

スタートから24年。「継続することの大切さ 続けなければ結果は出ない」

環境プロジェクト「TeamECO~自然派宣言~」は「今できること、身近なところから」をキーワードに2001年にスタートしました。

 

視聴者のみなさまと一緒になり、海岸清掃や森林・公園の緑化整備など行う「Team ECO Work!」の活動をメインに、トキの野生復帰を目指して佐渡で環境整備を続けてきた「ときプロジェクト」、新潟市秋葉区の古民家を拠点として、里山の魅力を見直す活動「エコまる村」、レジ袋の有料化をきっかけにマイバッグとマイバスケットの使用を呼びかけた「No THANK YOUキャンペーン」など、その時々に合わせた環境貢献活動に取り組んできました。

 

20年以上続けてきた取り組みはTeam ECO Work!だけでも250回の開催を超え、延べ参加人数は36,000名以上の方々が活動に協力しています。1日では変化は感じることが難しいですが、継続すること。より多くの人と一緒に活動することで必ず大きな変化につながります・・・。

 

 

TeamECOはSDGsにもつながっています!

よく耳にするけど自信を持って説明できない難しそうなSDGs。じつは毎日のちょっとした環境配慮への心がけが立派なアクションです。TeamECOが取り組んでいた活動そのものがSDGsの精神でもある「持続可能な社会の実現」につながっています。

 

未来の自分自身のため、子供たちのために「12.つくる責任 つかう責任」「13.気候変動に具体的な対策を」「14.海の豊かさを守ろう」「15.陸の豊かさも守ろう」といった活動をTeamECOプロジェクトでは続けていきます。

 

 

TeamECOとかかわりの深いSDGs項目

ページのトップへ