まるどりっ!

スコットランドから燕市にやって来たアーティスト

スコットランドから燕市にやって来たアーティスト

去年10月、スコットランドから燕市にやって来たキャスリーン・ライリーさん(27)。

イギリスで活動するアーティストです。

普段作っている作品のコンセプトは「別々の洋食器を美しく一体化させること」。

たとえば、スプーンやフォークをカップに吊り下げた作品。ユニークですよね?

来日のきっかけは、ロンドンで開催された燕市の金属製品や洋食器の展示会。

「大泉物産」の社長と出会い、燕市の職人と一緒に新しい洋食器を作ることを熱望しました。

キャスリーンさんがデザイン案を考え、職人が形にするという共同製作。

作っているのはバターナイフです。

刃と持ち手が直角に曲がった形をしているんです。なぜでしょう?

答えは、「お皿と美しく一体化」させるため!お皿に置いてもすべり落ちないなんです。

しかも置いた時に、食材にもお皿にも触れないため衛生的。今の時代にピッタリ!

斬新なアイデアに工場の皆さんも驚いていました。

とはいえ、まだまだ試作段階。これまで作った試作品は20パターン以上。

年内の製品化を目標に現在も製作中です!

ランチタイムは、燕市の名店「杭州飯店」へ。背脂ちゃっちゃ系ラーメンが大好きなんだそうです。

その後は、燕三条の製品が揃うセレクトショップに行き、メッキ専門の工場「スワオメッキ」の見学も。

いろいろな製品を見て、金属加工の勉強をしていました。

 

製品化できたら日本で販売予定。

さらにイギリスでも販売し、「燕の職人技を広めたい」と話していました!

 

「大泉物産」 問:0256-63-4551

「スワオメッキ」 問:0256-66-2113

「杭州飯店」 問:0256-64-3770 休:月曜

「ファクトリーフロント」 問:0256-46-8720 休:無休(年末年始を除く)