まるどりっ!

大雪と格闘!真冬のごみ収集に密着

大雪と格闘!真冬のごみ収集に密着

県内を再三にわたり襲う大寒波。

大雪の影響で、交通機関を中心に社会機能が一時的にストップしましたが

 

 

そんな状況でも日々奮闘しているのがごみ収集の作業員たち。

 

 

真冬のごみ収集に密着しました。

 

除雪で歩道に押しのけられた雪の山を乗り越えたり

 

 

除雪されていない道は車で入りづらいので

歩いてごみを取りに行きます。

数十メートルを何往復もすることもあるそうです。

 

 

さらにぬかるんだ雪にスタック!

10分ほどの必死の雪かきの末、なんとか脱出できました。

 

 

大雪も大変ですが、特に作業員が気を遣うのが不燃ごみの収集だと言います。

 

火災などのおそれがある「特定5品目」が不燃ごみに紛れていることがあるため、常に注意しながら収集するなど、危険とも隣り合わせの作業です。

 

 

大雪の中走り回り、危険とも向き合いながら日々奮闘する作業員たち。

仕事のやりがいを聞くと、「市民から感謝されること」との答えが返ってきました。

 

会社には市民から届いた感謝の手紙が飾られていました。

これが作業員の人達の原動力になっているそうです。

 

 

 

真冬でもごみを収集してくれる作業員の方達に感謝して、ごみの分別はきちんとしたいですね。

 

【取材先】

「新潟市環境事業公社」

新潟市中央区と西区の一部のごみ収集を担当