まるどりっ!

400年超の歴史!越後与板打刃物 技術継承への挑戦

400年超の歴史!越後与板打刃物 技術継承への挑戦

長岡市与板地域。

ここに、全国に誇る伝統工芸が息づいています。

それが、大工道具などで使われる「打刃物」。

 

 

戦国時代から400年以上にわたり受け継がれてきた鍛冶技術です。

 

打刃物職人の1人、

カンナの刃を作る水野清介(みずのせいすけ)さん。

 

 

水野さんが作るカンナは全国の宮大工に愛用され、

出雲大社を始め、国宝や重要文化財の修復にも使われるそうです。

 

 

そんな水野さんのもとへ、先月、北海道から新弟子が入門。

北海道からやってきた似鳥透(にたどりとおる)さんです。

 

 

実は水野さんにとって、弟子をとるのは初めての経験。

これまで弟子入り志願者はいたそうですが、経済的な事情で断ってきたそうです。

しかし今回、長岡市の市民団体が協力。

クラウドファンディングを立ち上げ、弟子育成に関わる資金を確保できたのです。

 

 

今は毎日8時間、似鳥さんに付きっ切りで技を伝授しています。

 

 

自身の年齢も考え、本来であれば15年はかかるところ、修業期間は5年以内を目指します。

 

伝統技術の継承。師弟の挑戦は続きます。

 

 

「水野鉋製作所」

0258-72-3307