まるどりっ!

2017年3月11日放送 すてきな”モノ””味”の裏側で… ~小千谷市~

2017年3月11日放送 すてきな”モノ””味”の裏側で… ~小千谷市~

小千谷駅から旅ちょ。スタート!

旅ちょ①

とってもいい天気です♪ まずは、周辺の住宅地を歩きます。

天気がいいので、車を洗っている方もいますね~。

あれ?サンタさんの飾り??もう3月なのに…。

旅ちょ⑯

気になって近づいてみると、車を洗っていたご主人が店内へ案内してくださいました!

旅ちょ⑮

伺ったのは「アトリエあけママ」

オーナーの佐藤あけみさんが裁縫した手作りの小物を販売しています。

旅ちょ⑤

「会いたかったんです!」と言ってくださったあけみさんは、

子供のころからお裁縫が好きで2004年に念願のこのお店をオープンしました。

よーく見ると、猫がモチーフになっている小物が多いんです。

旅ちょ④

そのモデルになっているのが、お店の看板猫まみちゃん♡♡ 人懐っこい猫ちゃん♡

そうそう、最初に気になったサンタクロースのこと聞き忘れてました!

なんでも、2004年10月23日に起きた中越地震に関係しているのだそう。

中越地震後、世の中はもうクリスマスムードなのに対して小千谷市は自粛ムード。

それを見て「街を元気づけたい!」と、お家にあるクリスマスグッズを店に飾り、

イルミネーションも灯して、復興の明かりを灯しました。

それからというもの毎年10月23日~クリスマスまでイルミネーションを点灯しています。

さらに、佐藤ご夫妻は東日本大震災や熊本地震の被災地を見舞ったんですって。

旅ちょ③

ご主人「後にあったかい繋がりになるからできることを手助けしていく」

あったかい素敵なお話、ありがとうございます!

自分たちも同じく被害を受けたことがあるからこそできる取り組みですよね。

引き続きおさんぽを続けます。旭橋から見る川が澄んでいてとってもきれい!

旅ちょ⑰

橋を渡る途中、高校卒業を控えた仲良し4人組に出会いました。

旅ちょ⑥

なんと小学校から4人はずっと一緒!春からは別々の進路を進むと思いますが…

なにはともあれ卒業おめでとう!

続いて商店街を歩きます。

伺ったのは創業120年を超える菓子店「ほりぎ」

旅ちょ⑱

堀澤佳子さんに教えてもらったオススメは「豆大福」

よく見る豆大福は黒い豆を使用していますが、こちらでは昔から白い豆を使っています。

旅ちょ⑲

いっただっきまーす♡

旅ちょ⑧

佳子さん「添加物を使っていないので日持ちしないんですよ」

ごまかしのきかない味ですね!おいし~い♡♡

ご主人の政浩さんいわく、

昔から「こがねもち」を使っていてあんこの甘さも変わらないんだそうですよ♪

旅ちょ⑩

さて、小千谷市最後は温かいものを求めて「ラーメンつり吉 小千谷店」へ。

旅ちょ⑪

さっそくご主人の喜多村さんが自慢のラーメンを作ってくれました!

旅ちょ⑭

2人が頂いたのはチャーシューメン!大きくて厚みのあるチャーシューが贅沢♡♡

玉木「新潟ってエリアでスープの濃さが違う」

確かに!同じ醤油ラーメンでもあっさりから濃い目のものまで様々ですよね。

つり吉のスープは濃い目なんですが、実は理由があるそうです。

旅ちょ⑫

喜多村さん「田んぼが多く農家さんが力仕事をして、塩分を必要とした」

なるほど~!汗をかいた分醤油で塩分補給というわけですね。

25年前から継ぎ足してできたおいしい醤油スープなんですが、
中越地震で一度この味が途絶えそうになったんだそうです。

旅ちょ⑬

地震でお店の中はめちゃくちゃに。

数週間後、店の整理をすると、スープの入った容器が奇跡的に残っていました。

喜多村さん「これがなかったら1からやり直し。2人が食べた味も違っていたかもしれない。
スープを見つけた時再開しろって言われているようだった。」

なんと入口に復活を希望するお客さんからの手紙が張られていたこともあったとか。

その手紙も大きな支えになりますよね。

みなさん、素敵なお話ありがとうございました!

 

今回の似顔絵はアトリエあけままの佐藤さけみさんです。

旅ちょ21

旅ちょ22

小千谷市のみなさんありがとうございました!

 

 

 

☆アトリエあけママ ℡090-5417-6214

営業時間:午前9時~午後4時半

休:不定休

 

☆ほりぎ ℡0258-82-2521

営業時間:午前8時半~午後6時

休:不定休

 

☆ラーメンつり吉 小千谷店 ℡0258-89-7136

営業時間:午前11時~午後9時半

休:無休

 

 

掲載した情報は放送時のものです。

変更の可能性がありますのでご確認ください。