NEWS

UXニュース

ひとり親世帯支援フードバンクがケーキと暖房を

ひとり親世帯にあたたかなクリスマスを届けようと、新潟県フードバンク連絡協議会が、クリスマスケーキと暖房器具の支援を始めます。クリスマスケーキ支援の対象は、18歳以下の子どもがいるひとり親世帯で、大手コンビニエンスストアセブンイレブンのケーキを、1000世帯に提供します。新潟県フードバンク連絡協議会の、LINEアカウントで申し込みを受け付けています。費用の多くはクラウドファンディングによる寄付で賄う方針で、こちらも受付が始まっています。県フードバンク連絡協議会の小林淳事務局長は「経済的に追い込まれた家庭にとっては、子どもたちにプレゼントを買うことも厳しい。少しでもクリスマスや年末に暖かい気持ちになってほしい」と話しています。また、暖房機器大手のコロナからは石油ファンヒーター100台が、無償提供され必要な世帯を支援します。