NEWS

UXニュース

ロシア体操選手団 加茂市での事前合宿を中止

加茂市で予定されていた、東京オリンピックのロシアの体操選手の事前合宿について、ロシア側が市に中止を伝えていたことが分かりました。加茂市によりますと6日未明、ロシア体操連盟のバシーリ・チトフ会長名でメールがあり、新型コロナウイルスの感染拡大の状況が不透明などとして、事前合宿を取りやめ、選手村に直接入ることを伝えてきたということです。加茂市はホストタウンとして、7月11日からロシア男女体操の個人参加の選手とスタッフら40人が訪れ、選手は19日まで、スタッフと控え選手は27日まで、滞在する予定でした。県内での事前合宿の中止は、オーストラリアの競泳チームが合宿を予定していた長岡市に続いて2例目です。