NEWS

UXニュース

共通テストに間に合うように除雪急ピッチ

記録的な大雪は、県内の公共交通に大きな爪痕を残しています。今週末に控える大学入学共通テストに間に合うよう、JRなどが線路の除雪作業を急いでいます。上越市のJR直江津駅は14日も、線路が見えないほど雪にすっぽりと覆われていました。全線で運転を見合わせている、えちごトキめき鉄道は、16日から始まる大学入学共通テストに間に合うよう、除雪作業を急ピッチで進めています。妙高はねうまラインの直江津ー新井間は、15日午後から、日本海ひすいラインの直江津ー糸魚川間は、16日始発から運転再開を目指しています。JR東日本は、信越本線の長岡ー柏崎間で、15日の始発から運転を再開します。柏崎ー直江津間と越後線の吉田ー柏崎間は、16日の始発から運転を再開する見込みです。