NEWS

UXニュース

募集停止の方針見直し 佐渡中等教育学校

募集停止の方針が示された佐渡中等教育学校について、新潟県教育委員会は津南中等教育学校と同様にあり方を検討していく考えを示しました。県教育委員会は先週、定員割れが続く佐渡中等教育学校について、2023年度で募集を停止し、佐渡高校と統合する方針を示しています。佐渡市の渡辺市長は29日朝、「佐渡中等教育学校、これ非常に特色ある学校、また多様性という所で、何としても必要である。(廃止で)通学が本当に不可能になる子供たちも出てくる」と改めてて存続の必要性を訴えました。渡辺市長は、学校の存続に向けてスクールバスの運行などの支援策を、議会やPTAと協議する考えも示しました。これをうけて先ほど、新潟県の稲荷善之教育長は、県議会の連合委員会で「同様に定員割れが続く津南中等教育学校とともにあり方を検討する」と述べ、募集停止の方針を改める可能性を示唆しました。