NEWS

UXニュース

台風被害もなく ナシ「新美月」出荷始まる

新潟市江南区にある「JA新潟みらい梨の実館」では、県の新品種「新美月」の出荷作業が、14日から始まりました。今年で販売開始から6年目、甘みと酸味のバランスがいいことが、この品種の特徴です。収穫量は昨年より多く、梅雨明けから晴天が続いたので、味・品質ともに上々だといいます。生産者の石川仁一さんは「梅雨明けが遅かったんですけれども、その後は天気に恵まれて、大変美味しいなしになったと思います。是非この美味しい梨を食べてもらいたいと思います」と語ります。出荷された新美月は、早ければ15日、店頭に並びます。