NEWS

UXニュース

新型コロナ 地域外来検査センター新たに3カ所

新潟県は、PCR検査の検体を採取する地域外来・検査センターを、新たに五泉市・燕市・南魚沼市に設置することを明らかにしました。県内には既に、新潟市など5カ所に検査センターがあり、今回の設置で8カ所となります。いずれも、かかりつけ医の紹介による予約制となっていて、五泉市と燕市は、毎週月曜日と木曜日の2回ドライブスルー方式の検体採取をする予定です。南魚沼市では、週に1度診察とPCR検査をする予定ですが、方式については未定です。現在、上越と糸魚川保健所管内でも、開設に向けて調整が進み、県は14カ所の設置を目指しています。県福祉保健部健康対策課の富山順子課長補佐は「地域外来検査センターが各圏域ごとに増え、第2波に備えた体制ができつつあると思っている」と述べました。3カ所の検査センターは7月1日から順次開設されます。