NEWS

UXニュース

日本文理、村上桜ヶ丘、上越、中越がベスト4へ

夏の高校野球。新潟県の独自大会は2日に、準々決勝4試合が行われベスト4が出そろいました。新潟市のハードオフエコスタジアムでは、去年夏の王者日本文理と去年の秋を制した北越が対戦。2回日本文理は北越のエース阿部から1アウト2塁のチャンスを作ると、打席には7番・千島。ライトへのタイムリーツーベースで、日本文理が先制します。続く3回も文理が2点を追加し、なおも1アウト1・2塁のチャンスで再び千島がレフトへ。4対0とリードを広げます。投げては先発の長谷川が5回を投げ2安打無失点と好投。7回にも得点を挙げるなど投打がかみ合った文理。7回コールド7対0で北越を下しベスト4進出です。続く第2試合では、村上桜ケ丘が五泉を7対2で下しベスト4進出。長岡市の悠久山球場で行われた2試合は、上越が関根学園を7対6で接戦を制し初のベスト4。中越は新潟県央工業を5対0で破り、準決勝に駒を進めました。準決勝は4日、ハードオフエコスタジアムで行われます。