NEWS

UXニュース

最新の救助工作車を新潟市東消防署に配備

災害が起きたときなどに出動する最新の救助工作車が、新潟市の消防に配備されました。新潟市東消防署では、およそ17年ぶりの新たな車両となる救助工作車の3型。中越地震や東日本大震災が起きた時も出動していて、22日は、特別救助隊が最新の装備を確認しました。リフトバックと呼ばれる機材は、重いがれきなどを空気の力で持ち上げます。狭い空間に閉じ込められた人を撮影するカメラは、これまでより細くなり、先端から声を掛けることもできます。がれきの下にいる人が発した、わずかな音をとらえる探知機は3型特有の装備です。新潟市東消防署の長谷川弘幸署長は「取り扱いやすさが向上しているので、これから有効に使うことに期待している」と話しています。新しい救助工作車は、22日から運用が始まります。