NEWS

UXニュース

義父に暴行 死亡させた男を起訴

起訴状などによりますと三条市元町の無職・佐藤清高被告(57)は今年2月、自宅で義理の父親(当時80)の、胸や背中などを複数回蹴るなどして死亡させた罪に問われています。警察は検視の結果や同居していた母親が佐藤容疑者の暴行を話したことから調べを進め、先月、逮捕していました。佐藤被告は逮捕当時、警察の調べに対し暴行を加え死なせたことは認めていましたが新潟地検は、現在の認否を明らかにしていません。