NEWS

UXニュース

長岡空襲 追悼の「灯籠流し」と「白菊」

長岡空襲から75年となった1日。長岡市では犠牲者の追悼と平和への思いを込めた、灯篭流しと花火の打ち上げがありました。空襲で多くの人が逃げ込み亡くなった柿川。今年の灯籠流しは、新型コロナウイルス感染防止のため観客なしで実施され、青年会議所のメンバーが空襲の犠牲者の数と同じ1488個の灯籠に灯りをともし、祈りをささげていました。また、75年前に空襲が始まった午後10時半に、慰霊の花火「白菊」が3発打ちあげられました。今年は長岡まつりは中止されますが、空襲犠牲者への慰霊の花火「白菊」は、2日3日にも打ち上げられる予定です。