NEWS

UXニュース

2月県議会がスタート過去最大予算案を議論

県議会2月定例会が始まりました。新型コロナウイルス対策などを柱にした、過去最大1兆4000億円規模の新年度予算を議論します。花角知事は所信表明で県民からの寄付を活用し、新型コロナウイルス対応にあたる医療従事者の環境整備を行っているとして感謝しました。県は2月議会に、過去最大となる1兆4074億円の新年度当初予算案を提案しています。体制整備に8800万円を計上するワクチン接種について花角知事は「県主導の医療従事者への接種や、副反応へのコールセンター設置を進める。加えて市町村や医師会と協力して接種が円滑に行われるよう対応する」と述べました。このほか、経済活動の維持や、感染が収束した後を見据えた取り組みにも重きを置いています。2月県議会は来月25日までですが、新年度予算案とあわせて提案された、577億円の補正予算案は今月26日に採決される予定です。