• 現在のお知らせはありません。

2024年05月24日(金)本日の番組表

2023年4月8日4/8 江戸時代の掛け軸を修復 新潟の若き表具師

江戸時代に描かれた掛け軸を修復して、

美しくよみがえらせる若き表具師が新潟にいます。

新潟市東区在住の神尾顕斗さん 38歳

昭和56年創業の表具店 神尾萬正堂の2代目で

京都にある全国有数の表具店で10年間修業したすご腕の表具師です。

この日は、黄ばみと小さなシミが気になる

約100年前に描かれた掛け軸をキレイに修復。

最初の作業は掛け軸の分解。

作品の裏に貼られた何層もの古い和紙を慎重に剥がします。

それに、特殊な2つの薬品をかけてその化学反応で汚れを分解。

キレイになった作品の裏に和紙を貼って補強します。

掛け軸は、修復することを前提に作られていて

また剝がせるように、糊は極力薄くするそうです。

シワや気泡が入らないように、美しく貼れるかが職人の腕の見せどころ。

作品に合う織物をセレクトして装飾し直せば、修復完了です。

この方の手にかかれば、大きく破れたボロボロの衝立(ついたて)も

こんなに美しくよみがえるんです。

繊細な職人技で、古い掛け軸を未来へ残す若き表具師でした。

【神尾萬正堂】

新潟市東区下場本町1-42 TEL 025-277-3488

ページのトップへ