• 現在のお知らせはありません。

UXニュースNEWS

2021.10.23中越地震から17年

68人が犠牲になった2004年の中越地震からきょうで17年になります。各地で慰霊の行事が開かれました。小千谷市の妙見メモリアルパークに設けられた献花台には、朝から多くの人が訪れ花を手向けて手をあわせていました。この場所は、17年前地震により母親と2人の子どもが車ごと生き埋めになった土砂崩れ現場で、2人が死亡、当時2歳だった男児が奇跡的に救助されました。毎年のように新潟市西区からこの地を訪れている男性は、「毎年ずっと来ている。犠牲者のことが一番大事です」と語っていました。住民全員が避難を余儀なくされた長岡市の山古志地区や震源地となった川口地区などで慰霊の式典が開催されました。
ページのトップへ