UXニュースNEWS

2021.11.16東北電力と海保が災害復旧で連携強化

第九管区海上保安本部(九管・新潟市)と東北電力は、災害発生時のスムーズな連携を目指して覚書を交わしました。12日の締結式には九管と東北電力、送配電を担う東北電力ネットワークの担当者が臨みました。これにより災害発生時には、九管が東北電力に対して停電復旧に必要な人員などの輸送を支援する一方、東北電力は九管の活動拠点への電源供給や施設の提供を行うことになります。東北電力総務部の清水泰生課長は「行政機関や指定公共機関と連携を深めながら有事の際に備えたいと思っているので、今後も連携を密にしていきたい」と取材に答えました。三者は定期的に訓練を行いながら、連携強化に努めたいとしています。
ページのトップへ