UXニュースNEWS

2021.11.05燕三条工場の祭典 1カ月遅れで開催

三条市で燕三条のものづくりの魅力を楽しむ「工場の祭典」が感染拡大の影響により1カ月遅れで始まりました。工場の祭典は、ものづくりの魅力を知ってもらおうと毎年開催されています。新型コロナウイルスの影響で、去年に続き、工場を開放した見学や体験イベントは中止になりましたが、今年は工場の跡地を活用し製品の歴史や職人の技術などを紹介する展覧会の形にしました。東京オリンピックの選手村で使用された、フォークやスプーン、農耕機に使われる金属製品などが展示されています。今月21日まで開かれています。
ページのトップへ