UXニュースNEWS

2021.10.08自民新潟2区は細田氏・鷲尾氏は比例最上位で上申

自民党県連は31日投開票の衆議院選挙で、新潟2区の公認候補を細田健一衆議院議員とし、鷲尾英一郎衆議院議員は比例最上位で処遇するよう党本部に上申することを決めました。これは8日開かれた県連の選挙対策委員会で決まりました。県連の柄沢正三筆頭副会長は「原則通り選挙区支部長(細田健一氏)が公認候補になるとことで了承された。鷲尾英一郎氏は比例に回って、最上位の名簿登載をお願いする」と説明しました。県連は8日中に2区以外の公認候補も含め党本部に上申。一次公認の候補は11日に発表される見通しです。鷲尾議員はUXの取材に対し「県連の総意として重く受け止めており、県連をあえて割るような真似はしたくない。党本部での処遇が決まり次第、自らの行動を決定させていただきたい。」とコメントしています。新潟2区はこのほかに共産党の平あや子さんと国民民主党の高倉栄さんも出馬を予定しています。
ページのトップへ