• 現在のお知らせはありません。

UXニュースNEWS

2021.10.22阿賀町が商品化したコシヒカリ非常食

阿賀町産のコシヒカリを非常食として製品化した「新潟ごはん」の本格的な販売を前に花角知事が試食しました。知事も味に太鼓判を押すフリーズドライの非常食「新潟ごはん」保存期間は最大で8年。阿賀町産のコシヒカリ100%のご飯を真空状態で乾燥させました。そのまま、あられ感覚でも、水で5分戻しただけでも食べることができ、食物アレルゲンを使っていないことも特徴です。阿賀町では、町の予算で1万4000パックを製造1パック600円で今は阿賀町のみでの販売ですが、今後は、販路を全国に拡大したいとしています。
ページのトップへ