2019年10月05日10/5 『北三条ヴィンテージの旅』

今回は北三条駅からスタート。



東三条駅方面に向かって歩いていきます。



みつる先生と同じ”山田”つながりのパン屋さんを発見。





創業80年以上のお店の人気商品「付け食」

食パンにジャムやクリームをその場でたっぷり塗ってくれます。









こちらは自家製のバタークリーム







地元のお父さんから

おすすめのスーパーを教えていただいたので向かってみることに。





店内には商品がぎゅっと詰め込まれており

野菜もこのとおり、重なって置いてあります。





元々、青果店だったこともあり野菜を使ったお惣菜が人気。



ご主人の畑でとれたししとうのお惣菜をいただきました。





栄通りの方をあてもなく歩いていると…



車の中に人が!と思ったら木のオブジェのようなもの。



木のおもちゃなどクラフト商品を制作しているお店。



元々、三条の特産でもあった墨ツボを何代にもわたり作っていましたが、

その技を活かし、今はデコイを作っているそうです。









実際に作っているところを見学させてもらいました。



木の削りから装飾まですべて、ひとりで手作りだそうです。





 

今回の似顔絵は山田ベーカリーの佐藤道子さんです。



ページのトップへ